Bella Puglia n,31

☆ Bella puglia ~素晴らしきプーリア~ No.31 ☆ プーリアのことをみなさんに、もっと知っていただくためのちょっとしたお話です。 第31回目は、洞窟の町「カステッラーナ・グロッテ」をご案内。 バーリの南東、四方を山に囲まれたところにカステッラーナ・グロッテの町があります。 1000年以上の歴史を持つこの町は、その名前に「グロッテ(洞窟)」とあるように、近郊にある洞窟で非常に有名な町です。 この洞窟は、917年の公正証書に登場していることからも、この町と洞窟との深い関わりが伺い知れます。 洞窟は、カステッラーナ・グロッテの町の中心部から、南西方向に少し外れたところに位置しています。 今では観光客のために見学コースが整備され、年間を通じて多くの観光客が訪れるようになったこの洞窟も、かつては地元の人たちの間で「底なしの深淵」と信じられていたそうです。 この伝説が真実ではないことを証明するため、洞穴学者フランコ・アネッロはこの洞窟を調査し、石灰岩が地下水により浸食され形成された、鍾乳石あり、石筍ありの変化に富んだ全長3kmにも及ぶ、驚異的な地下道を発見するに至ったのです。1938年のことでした。それまで、この洞窟の入口はゴミ捨て場としてゴミを投げ入れていたそうです。 今では、そのかつての巨大なゴミ箱も、最深部にある「白の洞窟」の存在から「世界で最も美しい洞窟」と言われており、多くの観光客で賑わい、この町の収入源になっています。 次回もお楽しみに!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Bella Puglia n,30

☆ Bella puglia ~素晴らしきプーリア~ No.30 ☆ プーリアのことをみなさんに、もっと知っていただくためのちょっとしたお話です。 第30回目は、洞窟住居の町「マッサフラ」をご案内。 ターラントからバーリ方面に向かうと最初に出会う大きな町がマッサフラ。ターラント県で3番目に大きな町で人口は3万人弱。 仮説によると、この地は5世紀にヴァンダル族の侵入によってアフリカを追われたローマ人によって建設されたと言われています。 この町の大きな特徴は、新石器時代から中世にかけて構築されてきた洞窟住居です。 セントマーク峡谷と呼ばれるこの大峡谷の谷の岩の間には、草に覆われた古代人たちが住んでいた洞窟住居の跡を見ることができます。これらの住居のいくつかは教会として使われたものであり、今でも美しい壁画などが残されています。 南イタリアで洞窟住居というと、バジリカータ州のマテーラが世界遺産として有名ですが、プーリアにも洞窟住居があったのですね。 ここで、この町の近くのおすすめワイナリー「アマストゥオーラ」をご紹介。 近代的な設備と、自然のままに作られたぶどう畑。オリーブの木を綺麗に整備した並木道に、清々しい香りのクレモンティーヌ種のオレンジ畑。丘の上に建設中のマッセリア兼ワイナリーから見る風景など、どれをとっても印象深く、訪れなければ感じることはできないなと改めて思うほど、素晴らしいワイナリーでした。 先日には、シェフの友人でもある「アマストゥオーラ」のGiuseppeさんが仕事のため来日し、時間がない中わざわざCortesiaに足を運んでくださいました。 もちろんワインも美味しく、自信を持っておすすめできるラインナップを当店でも取り揃えております。 いつでもご用意しておりますので、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょう。 次回もお楽しみに!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。