Michelin Guide Tokyo 2018

今年もいただきました! 昨日発刊された「ミシュランガイド東京2018」のビブグルマンに選ばれました。 おかげさまで、ビブグルマンがスタートしてから5年連続での受賞です!! ちなみに、ビブグルマンとは、優れた料理に加えて、価格以上の満足感が得られるという部門です。 このように評価していただけたことに、大変嬉しく思っております。 これからも精進し、より一層みなさまに愛される店作りに注力してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Bella Puglia No,30

☆ Bella puglia ~素晴らしきプーリア~ No.30 ☆ プーリアのことをみなさんに、もっと知っていただくためのちょっとしたお話です。 第30回目は、洞窟住居の町「マッサフラ」をご案内。 ターラントからバーリ方面に向かうと最初に出会う大きな町がマッサフラ。ターラント県で3番目に大きな町で人口は3万人弱。 仮説によると、この地は5世紀にヴァンダル族の侵入によってアフリカを追われたローマ人によって建設されたと言われています。 この町の大きな特徴は、新石器時代から中世にかけて構築されてきた洞窟住居です。 セントマーク峡谷と呼ばれるこの大峡谷の谷の岩の間には、草に覆われた古代人たちが住んでいた洞窟住居の跡を見ることができます。これらの住居のいくつかは教会として使われたものであり、今でも美しい壁画などが残されています。 南イタリアで洞窟住居というと、バジリカータ州のマテーラが世界遺産として有名ですが、プーリアにも洞窟住居があったのですね。 ここで、この町の近くのおすすめワイナリー「アマストゥオーラ」をご紹介。 近代的な設備と、自然のままに作られたぶどう畑。オリーブの木を綺麗に整備した並木道に、清々しい香りのクレモンティーヌ種のオレンジ畑。丘の上に建設中のマッセリア兼ワイナリーから見る風景など、どれをとっても印象深く、訪れなければ感じることはできないなと改めて思うほど、素晴らしいワイナリーでした。 先日には、シェフの友人でもある「アマストゥオーラ」のGiuseppeさんが仕事のため来日し、時間がない中わざわざCortesiaに足を運んでくださいました。 もちろんワインも美味しく、自信を持っておすすめできるラインナップを当店でも取り揃えております。 いつでもご用意しておりますので、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょう。 次回もお楽しみに!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

X'mas & year end party party!

Finally we have coming is the end of the year. So everyone with gratitude of the year this year, "Cortesia" X'mas & party party "will be held. Taste of Puglia, spumante rosé wine on the day of the representative dishes of Apulian traditional Natale (Christmas) and the Puglia "FIVE ROSES" (limited edition), including two sparkling wines and carefully selected plenty of red wines (primitivo and negroamaro grades The Nero di Troia species) of Kai and available in three different types, we very much eat, drink and enjoy. Unique to this day only special is planned, so please stay tuned! I look forward to your participation. Cortesia X'mas & year end party party time : 12/16/2017 (Saturday) 18:00 start 18:30 start 21:30 end appointment fee : 9,000 yen (including tax and service charge) capacity: : About 40 people * is buffet-style chairs are served. * Maximum capacity, will be closed as soon as. Up to TEL03-5468-6481 look forward booking your reservations. Language this page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original.

The story of BIRRA MORETTI

当店で提供しているイタリアンビール“BIRRA MORETTI”についてのお話し BIRRA MORETTIのラベルの由来 ~あるお髭の話~ 1942年、第二次世界大戦のさなか、今のイタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州中部の街、ウーディネでは、誰もが困難な生活を強いられていた。 ある晴れた日の午後。ビール醸造所の創始者ルイジ・モレッティの甥のラオ・メナッツィ・モレッティは、物思いにふけりながら、瀟洒な通りから街角へと生まれ育った馴染みのあるウーディネの街を歩いていた。 そんな時、ラオはいつもカメラを手にしていて、町中を行き過ぎる自転車とか、まどろむネコなど、ふとした町の移ろう姿を切り取ってカメラに納めるのが好きだった。 トラットリア・ボスケッティ(Trattoria Boschetti)のテーブルに座っている恰幅の良い紳士にラオの目がふと止まった。その男は、身なりはモダンなダークグリーンのスーツを着こなし、同じ色の帽子をかぶり、とてもゆったりと寛いでいて、それでいてどこか時空を超越しているもののようにも見えた。それに、立派な口髭と幾つもの物語りを秘めているかのような表情がとても印象的だった。  ラオは、初めて出合った紳士なのに昔からの馴染みのような気がして、何か訳も分からず、運命的なものを感じ取っていた。そして、この戦時下の困難な時代とはいえ、昼下がりの陽だまりの中で、得がたい平和の静けさのようなものがその紳士には漂っていた。ラオは、誰かに背中を押されたように紳士に近づくと、写真を一枚撮らせて貰えないかと申し出た。「ああ、いいよ。」と答える紳士に、折角の時間を邪魔することのお詫びに、「何かお礼を差し上げたいのですが。」と切り出すと、帽子の下の優しげな眼差しと口ひげが微笑んだ。 「それじゃあ、ビールを一杯ご馳走になろうか。それで十分じゃよ。」 大ジョッキ一杯の冷たいビールに優るものがこの世にあるかい?紳士の優しい眼差しがそう語っていた。一杯のビールほどその場に相応しいものは、ラオ・モレッティにも思い付かなかったのです。 こうして、ヒゲの紳士がビールを飲む間に、ラオ・モレッティは、その後、幾久しくモレッティ・ビールのアイコンとなる運命の一枚の写真をものにした。 とある町の、とある出会い。人と人とを結びつける何物にも代え難いもの。一杯のビールこそが、そのシンボルなのだ。 BIRRA MORETTIホームページより https://www.birramoretti.com/our-history/the-true-story-of-baffo/Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

2017Association celebrates the new year

11/16 (Thursday) according to the Beaujolais Nouveau season, leaving the "party of the year 2017, the-Nouveau Wine & Beaujolais Nouveau 2017-" was held. This year, four Beaujolais Nouveau (red and rosé), Italy, (red & white) 2 species, Nouveau of Koshu of Japan (white), Nouveau (white) South Africa's total 8 kinds of sake and the EBE chefs make, Enjoyed the unique flavor of the material feels solid and simple, Cortesia, seasonal dishes. Esteemed ladies and gentlemen, thank you very much. Wine of the year can be felt quite, which is very unpleasant, without becoming totally natural. Is this a trend of the times. Italy, (red and white) are available, but for all Beaujolais Nouveau is not our. Are your interested in is limited, so hurry in! Language this page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original.

North snow still list party

Success may closed, leaving the 11/14 (Tuesday) "North snow still list party". To you ladies and gentlemen, thank you very much. Hokusetsu SHUZOU in the three autumn offers in Cortesia, inviting "hokusetsu SHUZOU" Hazu President, EBE chef's tasting and purchasing the onliest sake (Sado demon stun again, Super big dry, junmai ginjo, Yue tanrei junmai daiginjo YK35) were satisfied by the airport It was meeting to unveil, to give you a taste in Cortesia this taste at any time. And the Hazu President a very premium for this meeting, "Dai-ginjoshu YK35 'faith' centrifugal separation sake" was available. By the way, hokusetsu SHUZOU liquor are offering only to attract celebrities from around the world to the restaurant "Nobu" sake is. How sake pairings with our food is nice, some customers "in demon point feels natural to stun again and tanrei Yue, pasta risotto and main dishes bring flavor sake, junmai daiginjo" and talked about. I intend to handle this cloudy future because I felt it when we did a tasting, 'faith' centrifugal separation sake adapted to General Cortesia dishes. In the is will be in stock soon so stay tuned! Uonuma produced special attended by producers of "Koshihikari"cultivated "snow Camellia", using the finest rice risotto also available. We report from our esteemed food, liquor and very favorably received. Close gently and carefully selected materials, was made with great care, because, in addition to derive. It was really nice meeting you could feel it everywhere. In Cortesia future handling of hokusetsu SHUZOU Japanese sake, so take a look at your new discoveries, relax. Language this page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original.

Montebianco

Montebianco コルテジーアの秋の定番ドルチェ“モンテビアンコ”がスタートいたしました! 毎年たくさんの方にご好評いただいているこのドルチェ。 今年も、自然な甘さで栗の旨みがしっかりと感じられる“栗好きにはたまらない”味に仕上がっております。 この季節ならではの味わいを召し上がってみてはいかがでしょうか。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Home page renewal notice

The home page has been renewed! Aiming at our easy to use site, reinforce the content. We humbly thank you. Language this page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original.